top of page
  • 執筆者の写真Yuriko Yamamoto

陰毛は何のため

こんにちは。妙蓮寺すいクリニック院長の山本ゆり子です。

横浜はすっきりしない天気が続いています。五月晴れが恋しいです。


さて、先日患者さんから聞かれて即答できなかった質問があり、調べてみたことをここでシェアいたします。


それは、陰毛pubic hairについてです。陰毛があることの臨床的な意義は?という質問でした。


最近、日本人の女性も陰毛を整えたり脱毛する方が増えていますね。アメリカでは陰毛の処理をしていないから...と婦人科受診をためらう人がいるとか。そんなことはわたしもスタッフも全く気にしていないのでご安心ください。


さて、陰毛にはいくつかの役割があるのではないかと考えられています。まず容易に想像がつくのは、①性的に成熟していることの目印です。陰毛があるメスだ、ということはオスにとって生殖のチャンスのある相手だということを示す働きがあるということです。


ちなみに陰毛発育は第二次性徴のひとつで通常乳房発育の次におこってくることが多いです。お子さんの陰毛がはえてきたら生理がそろそろくるのかな、というサインです。


つづいて②性交渉の際に外性器の摩擦を防ぎ保護する役割がある、とか、③腟から雑菌が侵入するのを防いでいる、とも考えられていて、陰毛を処理している人はしていない人に比べて性感染症にかかりやすいとする報告もありました。陰毛を処理した方が清潔であるという考え方もあるようですが、医学的な根拠はいまのところはっきりしたものはなさそうです。


産婦人科開業医をしていて思うのは、脱毛に伴って外陰部の皮膚トラブルを起こす人が多いな、ということです。かぶれてしまったり、雑菌がこまかい傷から侵入してしまったり。脱毛が外陰部ヘルペス発症の引き金になっているのではないかと思うような症例もありました。


わたしが近ごろ憤慨しているのは「介護脱毛」という言葉です。人に迷惑をかけたくない、という女性の心理を悪用して、お金儲けをしようとしているとしか思えません。人のために脱毛するなんておかしいです。自分がしたいからする、そうあってほしいです。



閲覧数:122回0件のコメント

最新記事

すべて表示

近しい人の診療をすること

こんにちは。 妙蓮寺すいクリニック Sui Obstetrics & Gynecology院長の山本ゆり子です。今日は横浜市で熱中症警戒アラートが出ましたね。警戒アラート、って変な言葉です。 さて先日、古い友人がクリニックを受診してくれました。わたしに相談してみようと思ってくれたことがとてもうれしく、彼女の役にたてたことを誇りに思いました。 家族、知人の診療については医師によっていろいろな考え方が

PMSの進化論的な意義?!

こんにちは。 今日は1日雨が降っています。自宅の庭のあじさいがうれしそうにしているように思えます。 さて、今日は調査によっては生理のある人の7-8割が影響を受けているとも言われているPMS月経前症候群について話そうと思います。 クリニックをはじめてみて、PMSに悩んでいる人たちの多さに驚いています。そしてひとりひとりの方の悩みが深刻なことにも。「自分が自分でないみたい」「こどもを傷つけるような言葉

幸福論と「小確幸」

先日のブログで自分のクリニック開業という夢の実現後について書いたところですが、先日興味深いポッドキャストを聞いたのでシェアしたいと思います。 Dr. Tal Ben-Shaharは心理学、リーダーシップの研究者で、幸福論についてハーバード大学で人気のレクチャーをしています。彼が先日Mel Robbinsというモチベーションの分野で有名な著者のポッドキャストに招かれていました。エピソードのタイトルは

Comments


bottom of page