top of page
  • 執筆者の写真Yuriko Yamamoto

Happily everafterという現実







こんにちは。

妙蓮寺すいクリニック院長の山本ゆり子です。日曜日のお茶会にご参加いただいた皆様ありがとうございました。ふだんの診療ではなかなか掘り下げることができない、女性たちの日常が垣間見えるこの会はわたしにとってとても大切な時間です。5月の日程も決まり次第お知らせいたします。


先週、当院のクリニック看板を東横線横浜駅に設置していただきました。4月11日の終電が走り終わった後、深夜に設置作業がおこなわれました。翌日早朝、開院前に横浜駅まで見にいってきました。誰も気づいていないものの、自分の顔写真つき看板を公共の場で眺めるというのは気恥ずかしいものでした。でもうれしかったです。


クリニックが開院して5カ月が経ちました。来院人数は少しずつですが増えています。当院を信頼して受診していただき、本当にありがとうございます。しかしまだまだ安定経営には程遠い状態であり、クリニックの存在を広く知っていただくための取り組みを今後も続けていきます。


さて本題です。クリニック開院はわたしの小さい頃からの夢でした。ハッピーエンドの続きを生きはじめてちょっととまどっている自分に気づいています。次なる目標はクリニックが妙蓮寺周辺地域のインフラストラクチャーとして広く認識され機能することだと思っています。しかし、このようにひとつ達成すると、また次の課題がでてきて、次から次に現れる課題を追いかけていてはこころが疲れてしまうな、と最近思っています。


個人事業主は仕事と私生活の境界線がぼんやりしがちです。わたしの義兄は和菓子屋さんを経営しているのですが、仕事のことを全部すっぱり忘れて釣りに没頭する時間が自分の正気を保つために重要なのだと話してくれたことがありました。仕事の課題設定、課題解決と並行して仕事スイッチをうまく切ったり入れたりするトレーニングも事業を継続していくためのスキルとして重要なのだと感じる今日この頃です。


それでは、明日からも皆様のご来院をお待ちしています。










閲覧数:59回0件のコメント

最新記事

すべて表示

陰毛は何のため

こんにちは。妙蓮寺すいクリニック院長の山本ゆり子です。 横浜はすっきりしない天気が続いています。五月晴れが恋しいです。 さて、先日患者さんから聞かれて即答できなかった質問があり、調べてみたことをここでシェアいたします。 それは、陰毛pubic hairについてです。陰毛があることの臨床的な意義は?という質問でした。 最近、日本人の女性も陰毛を整えたり脱毛する方が増えていますね。アメリカでは陰毛の処

PMSの進化論的な意義?!

こんにちは。 今日は1日雨が降っています。自宅の庭のあじさいがうれしそうにしているように思えます。 さて、今日は調査によっては生理のある人の7-8割が影響を受けているとも言われているPMS月経前症候群について話そうと思います。 クリニックをはじめてみて、PMSに悩んでいる人たちの多さに驚いています。そしてひとりひとりの方の悩みが深刻なことにも。「自分が自分でないみたい」「こどもを傷つけるような言葉

幸福論と「小確幸」

先日のブログで自分のクリニック開業という夢の実現後について書いたところですが、先日興味深いポッドキャストを聞いたのでシェアしたいと思います。 Dr. Tal Ben-Shaharは心理学、リーダーシップの研究者で、幸福論についてハーバード大学で人気のレクチャーをしています。彼が先日Mel Robbinsというモチベーションの分野で有名な著者のポッドキャストに招かれていました。エピソードのタイトルは

Comments


bottom of page