top of page
  • 執筆者の写真Yuriko Yamamoto

幸福論と「小確幸」

先日のブログで自分のクリニック開業という夢の実現後について書いたところですが、先日興味深いポッドキャストを聞いたのでシェアしたいと思います。


Dr. Tal Ben-Shaharは心理学、リーダーシップの研究者で、幸福論についてハーバード大学で人気のレクチャーをしています。彼が先日Mel Robbinsというモチベーションの分野で有名な著者のポッドキャストに招かれていました。エピソードのタイトルは、''How to Build the Life You Want: Timeless Wisdom for More Happiness & Purpose''


その中で人間の幸せとは目標の達成によっては得られない、得られたとしてもそれはすぐに失われてしまうということを話していました。どうしても手に入れたいものがある時、それが手に入りさえすれば幸せになれるはず、と思ってしまいますがそれが現実になってしまうと人間はすぐそれに慣れてしまう。わたし自身思い当たるのは、どうしても手に入れたいと熱望した万年筆、手に入れたとたんその魅力、魔力が失われてしまう、ということがよくあります。(結局中古市場で売って、別のものを買ったりします)


目標の達成そのものは大切だし意味があるのだが、その目標の大小は幸福度には影響しない。なので、小さな行動、小さな達成を常に積み重ねていくことが幸せへの道。Happyはゴールではなく、自分がどうすれば昨日よりhappierになれるかを常に求めていくことが幸福への道、という話が今の自分にぐっと刺さりました。


そこで、思い出したのが村上春樹のエッセイに出てくる「小確幸」という言葉です。小さいけれども確かな幸せ、これこそが人生の意義であるというようなことを書いていて印象に残っていました。ちゃんと心理学の裏付けもあったんだ。


朝起きて雨の音が聞こえること、ホルモン療法をはじめた患者さんが喜んでくれること、ひとつひとつかみしめながら歩んでいこうと思います。



閲覧数:54回0件のコメント

最新記事

すべて表示

陰毛は何のため

こんにちは。妙蓮寺すいクリニック院長の山本ゆり子です。 横浜はすっきりしない天気が続いています。五月晴れが恋しいです。 さて、先日患者さんから聞かれて即答できなかった質問があり、調べてみたことをここでシェアいたします。 それは、陰毛pubic hairについてです。陰毛があることの臨床的な意義は?という質問でした。 最近、日本人の女性も陰毛を整えたり脱毛する方が増えていますね。アメリカでは陰毛の処

PMSの進化論的な意義?!

こんにちは。 今日は1日雨が降っています。自宅の庭のあじさいがうれしそうにしているように思えます。 さて、今日は調査によっては生理のある人の7-8割が影響を受けているとも言われているPMS月経前症候群について話そうと思います。 クリニックをはじめてみて、PMSに悩んでいる人たちの多さに驚いています。そしてひとりひとりの方の悩みが深刻なことにも。「自分が自分でないみたい」「こどもを傷つけるような言葉

Comentarios


bottom of page